東京都心部の高級賃貸について

東京都心の住宅は賃貸目的が中心

日本の首都は東京です。
そして、物価は先進国の中でも一番高いことでも知られています。
その関係で、家賃は非常に高いです。
ここでは、分譲もありますが、賃貸としても十分経営が成り立つ仕組みが出来上がっています。
ですから、分譲で購入するのは富裕層のごく一部であり、その他大勢は、賃貸として借りることになっています。

東京にこだわらざるを得ない事情とは?

実は、そこに大事なポイントが隠されています。
何故、東京と呼ばれる高い場所で、わざわざ高い物件を借りる必要があるのでしょうか。
もう少し都心から離れれば、かなり安価で物件を購入することもできます。
何故東京にこだわる必要があるのでしょうか。
ここは重要なポイントになります。

都心は郊外よりも利便性が高く、住宅環境がよい

実は、東京の都心部は最近は人口が減少傾向にあります。
その為、住みやすさを追求する場合、東京都のあえて都心付近で家を借りることのほうが利便性が高いと考えているのです。
また、立地の面から見ても、どこに行くにも便利ですし、買い物をするところ、さらには子供の学校や病院、そして商業施設などが揃っている場所は東京やその周辺都市にしか存在しません。
高級賃貸として立派に売り出している場所もそこまで多くはありません。
むしろ、それが成り立つのが東京周辺程度です。
他は、地方に行くのでどうしても高級ではなくなります。
そういった趣向を持っている人であれば、東京に住んでいることになるので、高級賃貸も東京にあることのほうがベストということになります。

高級賃貸は家賃がピンきりです。

50万円する場所もあれば200万円を超える場所もあります。
特に港区に隣接する場所では、非常に値段が高くなります。
それでも需要があり、ほぼ満室というから驚きの連続です。